20200801.村山大介陶芸研究所 in 6 坪 -夏の十日町駅前分室展-

村山大介陶芸研究所 in 6 坪

新しい生活様式を共に暮らす器たち


2020年、新型コロナウィルスが世界に広まったことで、これからの生活は何を選択していくことが良なのかを考える機会になっていることは間違いありません。
ギャラリーが存在することができるのは、画家や彫刻家、クラフト作家やクリエイターと呼ばれる作り手の人たちと共に歩んで来たからこそ…。
作家の近くにいるギャラリーが、発表や販売の場を失っていく作家と作品を静観して見守るだけのここ数か月はツラいものでした。
どんな状況下であれ、人が手を動かし考えることから生み出された作品が存在することは、人が人である証なのではないでしょうか。
この先、新しい生活様式と呼ばれる世界に進んだとしても身近にお気に入りの作品を置き、心豊かに生活することのできる環境が残っていて欲しいのです。
2月以降、作家さんにとっては厳しい状況が続いています。ですが今の制作が途切れては未来に作品が存続できるはずもありません。
小さくても未来に続く一筋の流れとして6坪は作家の作品を発表し販売する場を創出し続けたいと思います。
ここにみなさんからご来場いただくことで未来に繋がるモノづくりの輪が残ります。

是非、ご来場ください。

【会期】:2020年8月1~2日、7~11日、13~16日、21~23日
【時間】:am11:00~pm5:00(土曜日はpm8:00迄)
※会期日程が追加修正になりました。

関連記事